この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

レンタルオフィスデメリット

料金とプライバシー

レンタルオフィスを利用するときには、オプションサービスも含めて料金のプランを確認しておくことが大切です。
なぜなら、オプションサービスは充実しているものの、その分必要に応じて課金になるときがあるからです。
なので、オプションサービスの料金や、プランの料金を確認しないでいると通常の貸事務所くらいの金額になってしまうことがあるので注意が必要です。
他にプライバシーの問題ですが、レンタルオフィスの場合、商談スペースが簡易的な仕切りで区分けされていたり、オープンスペースだったりします。
なので、話し声は聞こえてしまいます。
そうなると、情報管理が難しいということになりますので利用のときには考慮すべきです。
とはいえ、カフェとは違って、ビジネスマンだけのスペースなので状況によっては活用できる場合も多いです。

改装や運営会社の廃業

レンタルオフィスは自分の好みで改装することはできません。
家具の入れ替えなどもできません。
自分の業種が、広いスペースを確保しなければいけなかったり、大きい機材を事務所に入れなければいけなかったりする場合はレンタルオフィスにはむいてないでしょう。
実は、現在、個人で起業する方が増えています。
その為、どんどんレンタルオフィスも増えていくと思いますが、中には運営がうまくいかず廃業している運営会社もあります。
そうなってくると、新たにオフィスをさがしたり、税務署に届けたり、移転登記をしたりと余計な手間と時間が必要になってきます。
では、レンタルオフィスを探すときはどうしたらいいでしょう。
それは、ホームページなどで実績を確認するのです。
もちろんクチコミ情報のチェックもしたほうがいいでしょう。
その上で、必ず直接内覧をするようにしましょう。
そして、信頼度が高いと思ったレンタルオフィスを検討することが大切です。


TOPへ