レンタルオフィスメリット

レンタルオフィスとは、通信設備がもともと整っており、業務上必要な机や椅子などが揃っているレンタル事務所のことをいいます。 一般的に、レンタルオフィスの場合はランニングコストが抑えられ、また貸事務所よりもイニシャルコストが抑えて利用できることが大きいです。

レンタルオフィスデメリット

新しく事業を始める場合の費用からみると、貸事務所は通信設備を入れたり、内装工事が必要だったり、机や椅子をそろえたりと準備期間も費用もかかります。 しかしレンタルオフィスは費用を抑えて利用できる場合が多いです。 とはいえ、デメリットはないのか考えてみました。

法人登記できるのか

現在、個人事業主として働いている方で事業が軌道にのってきたら法人を設立したいと考えている方も多いでしょう。 経営者として法人となれば、社会の信用も大きくなりますし、事業の成長にもつながります。 そこで、レンタルオフィスは法人登記が可能なのでしょうか。

レンタルオフィスとは

まずはメリットを紹介しましょう。
レンタルオフィスは、すぐに業務が始められるのが魅力です。
それというのも、インターネット環境などの設備が最初から整っていてるうえに、内装工事も不要で、業務上必要な机や椅子が既に揃っているからです。
また、事業を新しく始めるときには初期費用が安くすみます。
ただでさえ、事務所を賃貸で借りて、家賃や敷金などの経費をかけるのは費用がかさみます。
一般的に貸事務所の場合、保証金が12ヶ月分必要ですが、レンタルオフィスの場合賃料の3ヶ月分か保証金なしという場合もあります。
他に貸事務所の場合、家賃の他にも光熱費や共益費などが必要ですが、レンタルオフィスは家賃だけでも貸事務所より安い場合も多く、ときには光熱費なども月額料金に含まれてる場合がありますので、かかる費用は低いです。
他には、契約期間でも違いがあります。
貸事務所は契約期間が数年単位で結ぶことが多いです。
しかし、事業を続けていくなかで人員が増加したりで事務所スペースが狭くなったら引越しも必要になります。
その時、貸事務所だと途中解約による違約金が発生する場合があります。
その点、レンタルオフィスは、契約期間の延長や解約などについて柔軟に対応してくれる場合が多いです。
また、事務所といえば、たくさんゴミがでます。
毎日でるゴミを分別したり、掃除したり、それが忙しい時期だとかなり大変です。
清掃業者に依頼することもあるでしょう。
しかしレンタルオフィスの場合は、常に綺麗な事務所を維持できます。
それは、レンタルオフィスは共有スペースが多いので、衛生面を共有する人達が気をつけており、運営会社が定期的に掃除をしてくれるからです。

おすすめリンク

貸会議室を新宿で予約

様々な用途で使える貸会議室。アクセスがよく便利な新宿で事前に予約して利用しましょう。

海外WiFiで旅行を快適に

海外WiFiを使えば、様々な国をめぐる長期の海外旅行もより快適になります!旅のお供に!

東京の貸し会議室をチェック

様々な用途に使える貸し会議室は全国にあります。東京ではどこにどんな部屋があるのかチェックしよう!

書類廃棄秘密が漏れない処理方法

会社の書類を廃棄するのに絶対に秘密が漏れない処理方法はどれ?おすすめの廃棄方法をリサーチ!

TOPへ